バイアグラの謎を解く男性の画像

バイアグラって何?効果はあるの?副作用は?どこで購入できるの?…バイアグラに関しての謎は多いです。しかし物が物だけに他人に相談できずになかなか踏み出せない方も多いと思います。ここではそんなバイアグラの謎をひとつずつお教えします。

2016年06月の記事一覧

バイアグラの効果、副作用とは

バイアグラはED治療薬であり主成分はシルデナフィルです。
この成分がどのようにしてEDに対して治療効果があるのかについて簡単に説明をします。
まず、勃起というのは性的な刺激を受けた際に環状グアノシン一リン酸(cGMP)と呼ばれる物質が生成され、このcGMPが血管を拡張させる事によって海綿体への血流量を増やし勃起しているのです。
ただ、そのまま勃起し続けるという訳では無くて勃起を抑えるためにもcGMPを分解するPDE5と呼ばれる酵素が体内には存在しており、その酵素の作用によって徐々に勃起が収まっていきます。
勃起というのはcGMPとPDE5のバランスによって変化していて、cGMPの量が多ければ勃起し、PDE5が分解する方が勝っていると勃起が収まってしまったり思ったように勃起する事が出来ないという事になります。
バイアグラはPDE5阻害作用を有している薬であり、PDE5の働きを抑える事で勃起状態を維持しやすくなるのです。
ただ、そうした効果は勃起に対して有効であるという訳では無く、バイアグラを服用した際によくある症状として血管が拡張される事によるめまいや火照り、頭痛などの症状が現れる事があります。
また、その他の副作用としては稀に薬の効果が切れる頃になっても勃起が収まらずに持続勃起症の症状が現れる事があります。
持続勃起症は陰茎の動脈が破れる事で海綿体に血液が流れ続けているのであり、一日以上放っておくと勃起障害になってしまう可能性があるのですぐに病院へ行った方が良いです。
その他には硝酸剤を服用している人は血管を拡張させて過度の血圧低下を招く事もあるので併用してはならないです。
たかが薬を飲むだけではありますが、病院で処方して貰う際には病気や薬を服用している場合はその事をきちんと伝え、正しく服用するようにして下さい。

続きを読む